Category: 新着情報

2018年12月2日(日)やすらぎふれあいフェスタ「障害者の生きがいづくりの促進と地域との共生」で講演@和歌山県有田郡有田川町

チラシ画像 やすらぎふれあいフェスタ「障害者の生きがいづくりの促進と地域との共生」チラシ

画像をクリックするとPDFファイルへリンクします(データサイズ:1.27MB)

日時

平成30年12月2日(日)10時00分~16時00分(予定)

場所

有田川町地域交流センターALEC(有田川町下津野704)

イベント内容

10時~ イベント開始
10時30分~ 作業所による舞台発表
11時~ 作業所による舞台発表
講演「お笑いゼーションでノーマライゼーション」(ゲスト 桂 福点氏)
13時30分~ 福祉太鼓演奏

開催時間中、圏域作業所による物品販売・文化作品の展示など、さまざまなイベントを予定しています。

入場料

無料・申し込み不要

備考

講演会では、手話通訳者を配置しています。

担当課

金屋庁舎:やすらぎ福祉課

電話番号 0737-52-2111(代表)

出典

有田川町役場 やすらぎふれあいフェスタ[12/2(日)] より引用

http://www.town.aridagawa.lg.jp/kanko_event/25721.html

2018年11月30日(金) 講演「出会いは心の光」 2018年度秋期グリーフケア公開講座「悲嘆について学ぶ」シリーズにて@上智大学 大阪サテライトキャンパス

チラシ画像 2018年11月30日(金)2018年度秋期グリーフケア公開講座「悲嘆について学ぶ」シリーズ@上智大学 大阪サテライトキャンパス 講演

画像をクリックするとPDFファイルへリンクします(データサイズ:816KB)

内容

全世界では、思いがけない大災害や事故、テロへの恐怖と不安、個人的には、愛する家族や親せき、恩人、友人との死別や別離の苦しみ悲しみ、また、各自にとって大事な仕事やペットを失くした方々の悲しみに共感し、ともに歩めるために公開講座を開きます。

開講期間

2018年10月5日(金)~12月7日(金)全8回

開講時間

午後6時30分 ~ 午後8時 (90分)

会場

上智大学 大阪サテライトキャンパス

開講スケジュール

開催日 講師 テーマ
10 月 5 日(金) 髙木 慶子
(上智大学グリーフケア研究所 特任所長)
いのちの重さと悲嘆
10 月 12 日(金) 横山 正和
(上智大学グリーフケア研究所 非常勤講師、追手門学院中・高等学校 非常勤講師、横山産業株式会社 代表取締役)
死別悲嘆者はグリーフワーク(グリーフケア)
によって元の自分に戻れるのか?
 10月19 日(金) 柏木 哲夫
(淀川キリスト教病院 理事長・名誉ホスピス長)
つなぐこと、つながること
10 月26日(金) 康 浩郎
(映画映像作家(パトリア代表)、日本映像民族学の会 会員)
長崎、潜伏キリシタンの苦悩に耳を傾ける
11 月 9 日(金) 清水 聖保
(精神科医師、清水クリニック 理事長)
私の大切な人が認知症や統合失調症、発達障害になったら
11 月16 日(金) 田中 啓史
(アンプティサッカー選手)
濱田 正人
(アンプティサッカー元選手)
失ったことを悲観し、受け止め、 それを乗り越えた先に見えたもの
11 月30日(金) 桂 福点
(落語家、音楽療法士)
出会いは心の光
 12月 7 日(金) 水谷 修
(夜回り先生、水谷青少年問題研究所 所長、花園大学 客員教授)
心を病む子どもたちの悲嘆

申込期間

2018年9月12日(水)まで

募集定員

100名(定員に達し次第締切り)

受 講 料

15,000円

主催

  • 上智大学 グリーフケア研究所
  • 龍谷大学 人間・科学・宗教オープン・リサーチ・センター

申込み・問い合わせ

上智大学 グリーフケア研究所(大阪)

TEL : 06-6450-8651

出典

2018年度秋期グリーフケア公開講座(大阪)「悲嘆について学ぶ」を開講します|更新情報|上智大学 大阪サテライトキャンパス より引用

https://www.sophia.ac.jp/jpn/otherprograms/griefcare/mokuteki/koukai_oosaka.html

当日の様子
講演の様子 一斉に片手を伸ばす桂福点と受講者の皆さん

2018年11月29日(木)国土交通省 近畿運輸局、神戸運輸監理部、近畿地方整備局、大阪航空局 主催「バリアフリーなまちづくりを 考えるつどい」講演

この数年、「駅から落ちない落語」を演じて参りましたが、この度なんと国土交通省さんにお招き頂くことになりました。

事前にお申し込みいただきましたら、どなた様でも無料でご入場頂けるようです。平日の催しですが、ぜひお越しいただければ幸いです。

2018年11月29日(木)国土交通省 近畿運輸局、神戸運輸監理部、近畿地方整備局、大阪航空局 主催「バリアフリーなまちづくりを 考えるつどい」講演

日時

平成30年11月29日(木)14:00~16:10(受付開始:13:30)

会場

大阪歴史博物館 4階講堂(大阪市中央区)

入場

無料

主催

近畿運輸局、神戸運輸監理部、近畿地方整備局、大阪航空局

案内文

困っている方を見かけたら「お手伝いしましょうか」と自然にサポートができるバリアフリーなまちづくりを考えてみませんか?

今回ご講演いただきます NHK・Eテレの番組などでおなじみの全盲の落語家、桂 福点(かつら ふくてん)さんの講演は、音楽あり、笑いあり、涙ありの内容となっています。

プログラム(概要)

近畿運輸局バリアフリー化推進功労者表彰式

<受賞者> 京都市

自治体の取組の紹介

  • 京都市(平成30年度近畿運輸局
    バリアフリー化推進功労者表彰 受賞)
  • 高槻市(平成29年度国土交通省
    バリアフリー化推進功労者表彰 受賞)

講演

「駅から落ちない落語~視覚障害者の理解を深めるために~」

落語家 桂 福点 氏

出典:http://ocab.mlit.go.jp/top/20181107_BFtsudoi.pdf より引用。

(参加ご希望の方は、引用元のPDFファイルを印刷し、参加申込書(裏面)にご記入の上、FAXまたは郵送で申し込むようです。)

(申込締切は2018年11月19日です。)

2018年11月14日(水)共に生きるまち ~次なる茨木へ@茨木市福祉文化会館

内容

「茨木市障害のある人もない人も共に生きるまちづくり条例」の制定を迎えて記念イベントを開催。
落語を通じて、「茨木市障害のある人もない人も共に生きるまちづくり条例」を知る。

茨木市障害のある人もない人も共に生きるまちづくり条例について

障害福祉課 課長 河原 勝利さん

落語「障害のある人もない人も共に生きるまち茨木」

落語家 桂 福点さん

チラシ

チラシ画像 平成30年11月14日(水)共に生きるまち ~次なる茨木へ~@茨木市福祉文化会館

クリックするとチラシのPDFデータが開きます(データサイズ:443KB)

日時

平成30年11月14日(水曜日) 午後1時30分から4時まで

場所

茨木市福祉文化会館 3階 302号室

対象

市民

定員

130人

費用

無料

持ち物

なし

申込

あり

備考

手話通訳など配慮を希望される方は事前にお伝えください。

問合せ先

茨木障害フォーラム事務局

(社会福祉法人ぽぽんがぽん内)

電話:072-623-9202
ファックス:072-623-9203

出典

http://www.city.ibaraki.osaka.jp/event/43009.html

より引用

2018年11月11日(日)フェニックス会 秋のイベント ~福点さんとともに笑って!感じて!~

案内文

フェニックス会では、会員以外の方々にもご参加いただけるような楽しい秋の集いを企画しました。今年は、今話題の全盲の落語家 桂福点(かつら ふくてん)さんにご出演いただきます。軽妙な落語とトークをお楽しみください。福点さんの心あたたまる漫談は、みなさんを笑顔で包むことでしょう。多数のご参加をお待ちしています。

日時

11月11日(日)13時30分~15時

会場

京都ライトハウス 4階 あけぼのホール

講師

桂 福点 氏

講師プロフィール

1996年に4代目桂福団治(かつら ふくだんじ)に入門。視覚障害者の噺家(はなしか)の一人としてバリアフリー落語に取り組む他、音楽療法にも力を入れている。

テーマ

「出会いは心の光 ~障害のある人ない人 共に生きていくとは~」

参加費

無料

出典

公益社団法人 京都府視覚障害者協会 お知らせ
http://kyosikyo.sakura.ne.jp/news/read/id/1142

11月7日(水)17時30分頃 エフエム山陰「ガッツdaレディオ」に出演

エフエム山陰「ガッツdaレディオ」の「影山応援部長のここいいじゃん!」コーナーに桂福点が出演します。

インディアンフルートの演奏も放送されるかもしれません。

なお、エフエム山陰は、FMラジオと無料のスマートフォンアプリ「WIZ Radio」でお聴きいただけます。

(スマートフォンアプリ「radiko」では聴けません)

10月28日(日)夜7:00放送 NHK Eテレ「バリバラ」に出演します。

秋は、進路を決めるのに大きな岐路となる季節。そこで、バリバラでは、障害や病気があって進路に悩む10代・20代のお悩み相談室を開催!

発達障害のある不登校の中学生、感覚過敏のためできないことが多く将来の夢をいだけないという高校生、子どもを支える仕事がしたいが自信を持てない聴覚障害の大学生――彼女たちの直面している悩みに対し、さまざまな道で活躍する大人たちが文殊の知恵を出し合い、一緒に考えていく。

番組中より、スペシャル相談員4人の画像。(出典:NHK Eテレ バリバラより)
ジミー大西らスペシャル相談員たちが、愛あるアドバイスを連発!
番組中より、障害や病気があって進路に悩んでいる中高生、大学生3人と、スペシャル相談員と4人の画像。(出典:NHK Eテレ バリバラより)
相談員の前のめりな熱い回答の数々 3人はどう受け止めたのか?

出典

http://www6.nhk.or.jp/baribara/next/#top

再放送

11月2日(金)0:00(木曜深夜)

2018年10月20日(土) 田辺寄席・夜席に出演します。

第830回田辺寄席・夜席
かーるくたっぷりの会 桂 福楽の段

  • 一、「猫の茶碗」桂 福点(福団治門下)
  • 二、「二人旅」桂 福楽(福団治門下)
  • 三、「善哉公社」桂 文太(五代目文枝門下)
  • (仲入り)
  • 四、「夢金」桂 福楽(福団治門下)

日時

10月20日(土) 午後5時開演
(桂文太の開口0番は10分前)

料金

  • 会員1200円
  • 前売1600円
  • 当日1800円

※学割有り

場所

桃ケ池公園市民活動センター

(JR南田辺歩5分、地下鉄田辺歩7分、昭和町歩13分)

問い合わせ

070-5022-1772

tanabeyose@yahoo.co.jp

ウェブサイト(ホームページ)

http://www.tanabeyose.com/

ジミー大西さんと

ジミー大西さんと桂福点「バリバラ進路の悩みを解決する」というテーマで撮影がありました。その折にジミー大西師匠とご一緒に写真を撮っていただきました。

私は学生時代、さんま師匠の番組でジミーちゃんと呼ばれてとてもおちゃめなキャラ全開のお姿にすごく惹きつけられ、テレビの前で笑っておりました。そしてその不思議な存在感に魅了されていたんですな。

実際のジミー大西師匠とお話しさせていただいて、ほんまにすごい、ハートが熱い、そしてさまざまなことを深く考え、それをあのジミー節で表現されていることにただただ感動でした。

お笑いのジミー大西師匠、画家としてのお姿、そして真剣に相談者の気持ちに応えておられるジミー大西師匠、すげえ。人生そのものがアーチスト、巨匠のお姿でございました。

障害者生活介護の事業所「お気楽島」を開きました。

この度、東淀川区淡路に障害者生活介護の事業所お気楽島を開きました。
さまざまな障がいをもつ方の暮らしに添いながら、生きがいのある暮らしをサポートさせていただければと考えております。

・ものづくり
・調理実習
・芸術活動

など、
さまざまな視点から社会参加を進め、生きがいをもってお気楽島での時間をすごしていただけることを大切にしていきたいと思っております。

どうぞ一度、お気楽気分でおこしください
そしていっしょにお気楽島時間をすごしませんか
利用者さん募集中です❗

開所日は、火曜日を除く毎日、午前9時から午後4時まで。
送迎可能。
昼食は300円です。

住所
〒533-0032
大阪市東淀川区淡路4丁目29-3
一般社団法人お気楽島
生活介護 お気楽島
Tel. 06-6195-2906
Fax 06-6195-2908

よろしくお願いいたします。