Category: メディア掲載情報(新着)

毎日新聞夕刊で「桂福点 指先のエロス」の連載第6回が掲載されました。

連載 指先のエロス バナー画像

2022年8月20日付 毎日新聞大阪夕刊にて、桂福点の連載第6回が掲載されました。

今回のタイトルは「遠い座布団 高い壁 未来をまさぐる裸の挑戦」です。

「桂福点 指先のエロス」連載第6回_s「桂福点 指先のエロス」連載第6回記事

続きは毎日新聞のホームページからご覧いただけます。
(※有料記事です)

後日、点字毎日にも掲載されます。

もしよろしければご覧いただきまして、ご感想など次のリンクにお送りいただければ、ありがたく存じます。

毎日新聞夕刊で「桂福点 指先のエロス」の連載第5回が掲載されました。

連載 指先のエロス バナー画像

2022年8月20日付 毎日新聞大阪夕刊にて、桂福点の連載第5回が掲載されました。

今回のタイトルは「遠い座布団 高い壁 未来をまさぐる裸の挑戦」です。

「桂福点 指先のエロス」連載第5回記事

続きは毎日新聞のホームページからご覧いただけます。
(※有料記事です)

後日、点字毎日にも掲載されます。

もしよろしければご覧いただきまして、ご感想など次のリンクにお送りいただければ、ありがたく存じます。

毎日新聞夕刊で「桂福点 指先のエロス」の連載第4回が掲載されました。

2022年7月24日付 毎日新聞大阪夕刊にて、桂福点の連載第4回が掲載されました。

今回のタイトルは「青春の日、柔らかな腕 見えずとも輝く夏の星座」です。

続きは毎日新聞のホームページからご覧いただけます。
(※有料記事です)

後日、点字毎日にも掲載されます。

もしよろしければご覧いただきまして、ご感想など次のリンクにお送りいただければ、ありがたく存じます。

 

毎日新聞夕刊で「桂福点 指先のエロス」の連載第3回が掲載されました。

2022年6月25日付 毎日新聞大阪夕刊にて、桂福点の連載第3回が掲載されました。

今回のタイトルは「時空の壁を超えて 胸に迫る生死の手触り」です。

続きは毎日新聞のホームページからご覧いただけます。
(※有料記事です)

後日、点字毎日にも掲載されます。

もしよろしければご覧いただきまして、ご感想など次のリンクにお送りいただければ、ありがたく存じます。

毎日新聞夕刊で「桂福点 指先のエロス」の連載第2回が掲載されました。

2022年5月28日付 毎日新聞大阪夕刊にて、桂福点の連載第2回が掲載されました。

毎月1回ずつ「指先のエロス」という危なっかしいタイトルの連載をさせていただいております。

続きは毎日新聞のホームページからご覧いただけます。
(※有料記事です)

後日、点字毎日にも掲載されます。

もしよろしければご覧いただきまして、ご感想など次のリンクにお送りいただければ、ありがたく存じます。

毎日新聞夕刊で「桂福点 指先のエロス」の連載が始まりました!

2022年4月30日から、毎日新聞大阪夕刊にて、桂福点の連載「指先のエロス」が始まりました。

カラー紙面でイラスト付きです。毎日新聞連載「指先のエロス」第一回記事

続きは毎日新聞のホームページからご覧いただけます。
(※有料記事です)

後日、点字毎日にも掲載されます。

もしよろしければご覧いただきまして、ご感想など次のリンクにお送りいただければ、ありがたく存じます。

2021年10月21日付「点字毎日」、10月30日付「毎日新聞」に掲載されました。

点字毎日2021年10月21日付「全国盲学校弁論大会」特集「特別講評」

第89回 全国盲学校弁論大会にて、桂福点が特別講評をさせていただきました。

その内容が点字毎日と毎日新聞に掲載されました。

記事は毎日新聞のホームページからご覧いただけます。

2020年7月21日 読売新聞「My Answer」に掲載されました。

読売新聞 朝刊 「My Anwer」の欄で、【障害とは?】と題して、桂福点が取り上げられました。

2020年7月21日 読売新聞 記事

読売新聞購読者の方は、ログインして会員限定記事をウェブ上でご覧いただけます。

2020年7月6日 毎日新聞に掲載されました。

2020年7月6日付 毎日新聞に、「『心のソーシャルディスタンス取らないで』全盲落語家の桂福点さん、講演で訴え」と題して、記事が掲載されました。

2020年7月10日付毎日新聞記事「心のソーシャルディスタンス取らないで」

記事はこちらからもご覧いただけます。

2020年6月11日 読売テレビ「かんさい情報ネットten.」で取り上げられます

同番組内で桂福点が「全盲の落語家がコロナで感じる不安」と題して取り上げられることになりました。

17時から18時の間で、おそらく天気予報の後に放送されるのではないかということです。

ぜひご覧いただけますとありがたく存じます。どうぞよろしくお願いいたします。